コラム

[恋愛コラム]第5回 恋を邪魔する幼少期の決断 -女の子じゃだめ!?-

前回のコラムから間が空いてしまってすいません。
恋愛コラム第4回までは「自分を大切にする」という事をテーマに書いてきました。
今回から3回にわたり、恋愛を邪魔する幼少期の決断について書いていきます。

幼少期の決断(※)ってなんだ?って思いますよね。
このサイトでも、再決断療法についての説明の中で少し触れていますが、人は幼少期に親から愛情をもらうためや、周囲の環境に馴染むため、自分を護るため、生き残るために「いい子でいよう」とか「これは我慢しよう」とか「こういうことはしちゃダメなんだ」などと決断し、その後、大人になってからも無意識にその決断を忠実に守り続けているのです。
この幼少期の決断は子どもの頃は役に立っていたのに、大人になるにつれて環境に合わなくなり、本人を苦しめる原因になることがあります。

今回はその幼少期の決断の中で、恋愛を邪魔する決断の一つである「お前の性であるな」についてお話ししたいと思います。
この決断は、女性であれば自分が女であってはいけないような感覚、男性であれば自分が男であってはいけないような感覚があるということです。
ただし、性同一性障害とは全く無関係です。

このサイトは女性向けのサイトですので、女性の場合で説明していきますね。
例えば、子どもの頃に親から「本当は男の子が欲しかった」とか「男の子だったらよかったのに」と言われてきたとか、男勝りの性格を褒められたり、男の子みたいな服しか着せてもらえなかったり、男兄弟の方ばかりが可愛がられいたり等が影響して「私は女の子じゃない方がいいんだ」と思い込んで「女の子らしいことはしない」と決断するのです。

では「女性であってはいけない」と子どもの頃に決断をした人には、どういう特徴があるのか下のチェックリストを見てみましょう。

      「女性であるな」の特徴チェックリスト
  • 両親から「男の子が欲しかった」と言われた記憶がある
  • 「女は勉強しなくていい」と言われていた
  • 「女は役に立たない」と言われていた
  • 母親が「女は損だ」と言ったり、そう感じさせるような態度をとっていた
  • 「女のくせに」と言われたことがある
  • 「男の子だったらよかったのに」と言われたことがある
  • 男勝りな性格を褒められた
  • 男兄弟や親戚が褒められるのがうらやましかった
  • 女性らしい服を着ない
  • 男物のアクセサリーなどを好んでつける
  • 女性らしいしぐさや言葉を使わない
  • 女性らしい人が苦手
  •  

  • 性的な差別や言葉に過剰反応する
  • 女性らしい考え方がない
  • 男性に負けたくない
  • 男性より劣っている気がする
  • 女性に対して批判的
  • 攻撃されたらやり返す
  • 「もしも、男だったら」と考えることがある
  • 生まれ変わったら男性になりたい
  • 意地になって働く
  •  

  • 漠然と何かが違うような感覚がある
  • 両親を見返してやりたいと思っている

このチェックリストに5つ以上当てはまると「女性であるな」の決断している可能性が高いです。
この「女性であってはいけない感覚」があると、男性に素直に甘えられなかったり、男性と張り合ってばかりでなかなか恋愛に発展しなかったり、パートナーとのセックスを楽しむことができなかったりします。
また、恋愛とは関係ないですが、女性であってはいけない感覚があるとPMSや生理痛が重くなる傾向があります。

もしかしたら、このチェックリストに当てはまって、ちょっと不安になった方がいるかもしれませんね。
でも、これは全ての幼少期の決断に言えることですが、「こういう感覚があるからダメだ」というわけではなく、あなたが子どもの頃の環境に合わせて生きるために決断したことですから、まだ幼かったあなたが一生懸命生きてきた証なんです。
ただ、それが大人になった今、環境に合わなくなって悪い方に影響が出ているのなら手放した方がいいかもしれないというお話です。

「女性であるな」の決断がありそうな人の分かりやすい例は、実在の人物ではありませんが、漫画「ベルサイユのばら」に出てくるオスカルでしょうね。
父親から男の子と同じように育てられ、男たちに交じって戦い、「女のくせに」と言われ続け、お酒を飲んでは酔っぱって男たちにケンカを吹っ掛けたりするシーンもありますし、典型的な「女性であるな」だと思います。

「女性であるな」を手放すと、どうかわるか事例を見てみますと・・・
・おしゃれに興味が出てきた。
・メイクをするのが楽しくなった。
・男性と張り合うことがなくなって、気持ちが楽になった。
・生きることが楽しくなった。
・男性に素直に甘えられるようになった。
・素敵なパートナーと出会えた。
・パートナーとのセックスで初めて幸せを感じることができた。
・PMSの症状や生理痛が楽になった。

「女性であるな」を手放した皆さんは、女性だからこその楽しみを見つけ、素敵な恋を見つけた人も多くいらっしゃいます。

この決断を手放したいという方のために、「恋を邪魔する幼少期の決断」のコラムの最後に簡易的ではありますが手放すための方法を書きたいと思います。

※エリック・バーンの『交流分析』の中で「決断」とか「禁止令」という言葉が出てきます。「決断」と「禁止令」は違うのですが、ややこしいので、ここではまとめて「幼少期の決断」と呼ぶことにします。
私のカウンセリングの師匠である倉成央さんは著書の中で、この幼少期の決断のことを初心者の方にも分かりやすいように『インナーメッセージ』という言葉に置き換えていらっしゃいます。ちなみに『インナーメッセージ』は倉成さんのオリジナル造語で、心理学では使われません。

[恋愛コラム]第4回 自分を大切に扱ってあげる

前回のコラムでは、自分を大切にする第一歩として「自分を好きになる」ということをお話ししました。
自分のことが嫌いで、自信なさそうに「何のとりえもない私でもよければ・・・」なんて言っていては魅力的な女性には見えません。

例えば、お店である商品を売っていたとします。
段ボール箱に入いったまま、ディスプレイもせずに店員も興味なさそうに商品を雑に扱っていたら、あなたはその商品に興味を持てますか?
やっぱり、その商品の魅力を引き出すようなディスプレイをして、店員もその商品の良さを理解し、大切に扱い、自信を持って商品をアピールしている方が、商品により魅力的に見えて妙味を惹かれますよね?
恋愛において、あなたはお店の店員でも商品でもありませんが、あなたの気持ちを商品、あなた自身を店員に置き換えれば、理屈はこれと同じです。
上記の例え話で言えば、「自分を好きになる」というのは「その商品の良さを理解し、価値を見出すこと」そして、今回のコラムでお話しする「自分を大切に扱う」というのは「商品を大切に扱い、魅力を引き出すこと」に当てはまります。

前回のコラムで書いたように、ありのままの自分を受け入れ、好きになることができたら、いえ、少しくらい嫌いな部分があったとしても、次は自分自身を大切に扱ってあげるレッスンをしましょう!

あなたは、いつも頑張っている自分をねぎらってあげていますか?何かを達成した時に自分を褒めてあげていますか?
他人から褒めてもらわなきゃ、自分で自分を褒めたって価値はないと思い込んでませんか?

自分を褒めることも、他人から褒めてもらった時と同じくらいの効果があるという実験結果があるそうです。自分で褒めるのも、他人から褒められた時と同じくらいの価値があるという事ですね。
自分を褒めること、ねぎらうことは自分へのご褒美。
自分へのご褒美は、別に物じゃなくていいんです。
1日の終わりに鏡に映った自分に向かって「今日もお疲れ様。辛いことにも耐えて頑張ってくれてありがとう」と言ってあげるだけでもいいんです。
もう少しねぎらってあげるなら、好きな音楽を聴きながらゆったりとティータイムを楽しんだり、ペットと戯れたり、気を使わないで済む仲間や愛する人とお酒を楽しんだり・・・
ただし、お酒は飲み過ぎないこと。二日酔いになるほど飲んでしまっては、ご褒美にはなりませんから。
それに自分を大切にする人は、自分の体にも気を使います。健康でなければ、せっかくのあなたの魅力も半減してしまいます。

そうそう、軽いストレッチをしたり、足をマッサージしたり、目の疲れを癒したり、お風呂にゆったり浸かったりするのも、自分へのご褒美になりますね♪
体のメンテナンスも自分を大切に扱う事の一つです。

さらに朝も早めに起きて、大切な自分のために栄養バランスの良い食事を用意し、ゆったりした気持ちで食べ、しっかりお肌に潤いを与えてからメイクして、落ち着いて身支度して鏡を見て「今日もきれいだね!」と自分に向かって言ってあげましょう。

大人になるとなかなか褒めてもらうことは少なくなりますけど、自分で褒めることも他人に褒められるのと同じくらいの価値と効果があるなら、どんどん自分を褒めてあげましょう!褒められて気分が上がると、女性はよりきれいになっていくとも言われてますからね(*^-^*)
自分自身をお姫様のように大切に扱ってあげることで、心が満たされるので余裕ができ、周囲の人にも親切にすることができます。
周囲の人に親切にしてあげると、周囲の人からも良い反応が返ってくることが増えるため、さらに幸福感が増して、自然と内側から幸せオーラが出て、あなたはより魅力的に輝き始めます。
そうなれた時には、すでにあなたの隣には素敵なパートナーがいるかもしれませんよ(^^)

[恋愛コラム]第3回 まずは、自分を好きになろう!

前回は、本当の意味で「自分を大事にする」という事がどういう事なのかを書きましたが、いかがでしたか?
日本人は特に自己評価が低い人が多いと言われています。
自分が嫌いと言う人は私の周囲でも多いですし、私自身も自分が嫌いでした。
でも、やっぱり自分のことが嫌いだと、いろいろうまくいかないことが多いんです。

ここで、ちょっと試しに、自分自身が目の前にいると想像して、あるいは鏡の前に立って、自分自身を客観的に見た時、どんな印象を受けますか?

自分が嫌いな人は、いつも自信がなさそうにしていたり、オドオドしていたり、逆に不自然なくらい自分を大きく見せようとしていたり、一緒にいる相手までも疲れさせてしまいそうなくらい肩に力が入ってしまっていたり、人と目を合わせることができなかったり、目に輝きがなかったり・・・そんな自分を見て、どう感じますか?
おそらく、あなたが感じた印象そのまま、周囲の人が感じているという事です。自分自身を嫌っている人は魅力的には見えません。

自分の印象を感じてみて残念な感じだったとしても、落ち込まなくて大丈夫!
本気で変わりたいと望むなら、人は変わることができるからです。
自分を好きになるためにはどうしたらいいか?というと、ありのままの自分を受け入れることです。

自分のことが好きな人は、当然、自分を大事にします。
そして、目が生き生きと輝いていて、周囲の人をも元気してしまうくらいのパワーにあふれています。
自分に自信がない人のイメージと自分を大事にする人のイメージは恋愛コラム第2回の記事で書きましたとおりです。
もし、あなたが今、自分のことが嫌いで、良い所なんて一つも思い浮かばなかったとしても、あなたが変わりたいと本気で思うなら、ありのままの自分を受け入れ、自分を好きになることができます。

そもそも、その人の性格の特徴の一つ一つに良いも悪いもありません。
時と場合によって、あるいは捉え方次第で、長所になったり短所になったりするだけのことなのです。
今あなたが自分の性格の中で短所だと思っている部分があったとしても、見方を変えれば素晴らしい長所として生かせるかもしれないし、逆に長所だと思っている部分が時と場合によっては裏目に出ることもあります
ですから、どこが短所だとか長所だとか決めつけず、あなたの性格の特徴は、全て愛すべき個性として自分自身に受け入れてあげましょう。

そして、考え方、感じ方、価値観は人ぞれぞれ違います。
考え方も感じ方も価値観も、あなたと全く同じという人は誰一人いません。
あなたは世界でたった一つの個性を持つ貴重な存在なのです。あなたしかできないこと、あなただからできることが必ずあるはずです。
そんな世界でたった一人の貴重な存在である、あなた自身を大切に扱ってあげてください。あなたは大切に扱われる価値がある人です。

そして周囲から大切に扱ってもらいたければ、まずはあなたの方から周囲の人を大切に扱う事です。そうすれば、周囲からも良い反応が返ってきやすくなり、結果、あなた自身にとって居心地の良い空間を作ることができます。
この周囲の人を大切にすることについては、また別の機会に詳しくお話ししたいと思います。

今回は「自分を好きになる」という事についてお話してきましたが、そうは言われても、そんなにすぐ自分を受け入れることなんてできないという人もいらっしゃるでしょうね・・・
子どもの頃からの「私には価値がない」という思い込みは、なかなか簡単に手放すことは出来ないと思います。
「どうしてもありのままの自分を受け入れることができない、でも私は本気で変わりたいんだ」という強い意志がある方は、カウンセリングを受けてみることもご検討ください。

[恋愛コラム]第2回 自分に自信がないと恋も楽しめない!?

以前のコラム記事「サイトのテーマを恋愛にしたのはなぜ?」の中で、私が若い頃、あまりに自分に自信がなさ過ぎたために大好きだった彼を手放してしまったことを書きました。今思うと、自分に自信のなさ過ぎたばっかりに自ら幸せを手放してしまって、本当にもったいないことをしたと思います。

このコラムを読んでいらっしゃる方は、自分に自信がなくて恋がうまくいかなかったことはありませんか?
例えば「どうせ美人じゃないし、スタイルもよくないし」とか「私は愛される価値がない」とか「好きな人が近くにいてくれるなら2番目の女でもいい」とか、自信のなさゆえにパートナーを信じられず「浮気をされたらどうしよう」とビクビクしていたり・・・
もし、そんな気持ちが邪魔して素直になれずに恋愛を楽しめていないとしたら、すごくもったいないです。
今回から数回に分けて、自分に自信を持って恋愛を楽しめるようになるためのお話を書いていきたいと思います。

さて、その1回目である今回は「自分に自信を持てるようになった私」が実際にはどういう姿なのか?目標となるイメージ像をはっきりさせるため、「自分に自信がある人」のイメージについてお話していきたいと思います。
実は私は昔書いたコラムの中で「本当の意味で自分に自信を持っている人」のイメージを書いているんですよ。

それがこちら→自分を大事にできる人は魅力的!

そう、自分に自信がある人は、自分自身を愛し、日頃から自分を大事にしていて、心にゆとりがあるから他人にも優しく接することができるし、他人の失敗なども多少のことなら許せちゃうし、心に余裕があると物事を様々な角度から捉えて冷静に判断して行動することができるのです。

「自分を愛して大事にする」なんていうと、なんとなく自分勝手な人やナルシストを思い浮かべるかもしれませんが、そうではありません。
自分勝手な人やナルシストは、他人から傷つけられるのを恐れるあまり自分の殻に閉じこもっているだけで、本当の意味で自分を愛しているわけではないのです。
自慢話ばかりする人も裏を返せば、自分に自信がないから誰かに自分の価値を認めてもらおうと必死になっているのでしょう。
また、やたら威張っている人も、他人をランク付けしたがる人も、元をただせば自分に自信がない、自分には価値がないと感じているけど、それを認めるのが怖いから懸命になって自分を大きく見せようとしているにすぎないと思われます。
過去のカウンセリングの事例を見ても、こういった例は非常に多いですね。

私がこれから書いていく「自分に自信がある人」のイメージは、自分勝手な人やナルシストなどではなく、あくまでも本当の意味で自分を愛し、大事にする人です。
あなたはご自身のことが好きですか?
私は、子どもの頃から20代までは自分のことが大嫌いでした。内気でしゃべるのも苦手、運動神経も鈍いし、良い所なんて一つもないと思ってました。だから、自分が嫌いとおっしゃる人の気持ちもよく分かります。
でも実は、これこそが幸せになれない全ての元凶なのです。

自分のことが嫌いだと、周囲の目を気にしすぎて体がいつも緊張状態のためにストレスが多かったり、実力を発揮できなかったり、周りの人からの評価や褒め言葉を素直に受け入れられなかったり、他人からの親切や贈り物を断ってしまったり、良いことがあっても受け入れることができなかったり、チャンスを生かせなかったり・・・
こう並べてみると、自ら幸せを遠ざけて悪循環になってしまっているのがよく分かりますね(^^;

当然、恋愛でも自分のことが嫌いで自信がないと、付き合っても幸せになれそうもない相手ばかり好きになったり、好きな人からのアプローチを断ってしまったり、好きでもない相手と付き合ったり、私のように本当に好きな人と一緒にいたら苦しくなってしまったり、という事になってしまう可能性があります。

自分自身を愛し、大事にしている人は、他人の目を気にしすぎることはなく「自分は自分、他人は他人」と境界線を引いて、相手と適度な距離を保って付き合います。そのため、ストレスも少なく、心にゆとりがあるため、常に冷静に判断して行動し、チャンスを生かして実力を発揮することができます。
自分の行動によって得た結果を素直に受け入れ、成功した時は喜び、失敗した時は何がダメだったのかを分析して次回に生かします。他人と自分を比較しません。
周囲からの褒め言葉や親切は素直に受け入れて喜び、感謝します。そして自分を大切にするのと同じように周囲の人たちのことも大切に扱います。自分のしたことは、巡り巡って自分に返ってくることを知っているからです。
これが、目標とする「自分に自信がある人」のイメージです。

いかがでしたでしょうか?
次回は、まず自分を好きになるための第一歩として、「自分の価値を受け入れる」ことをテーマに書いていきたいと思います。お楽しみに!

[恋愛コラム]第1回 周囲からの圧力に反発して・2

前回の話の中で、失恋直後から私の気持ちもそっちのけで、見合い話を持ってくる親に対して、私が自分自身の恋すら拒否して親に猛反発したことを書きました。
なぜ、私は自分の恋を犠牲にしてまで親に反発したのでしょうか?
まあ、経験がある方なら、なんとなくお分かりかもしれませんが・・・

例え話をしますと、ゴムボールを手で押すと凹みますが、それと同時にボールを押した手にボールの中の空気が押し返して元の形に戻ろうとする力を感じると思います。これが反発する力ですね。
でも、ボールの表面を撫でているだけなら、押し返そうとする力を感じることはありません。
心も同じです。
優しく触れられる程度なら、別に反発するようなことはありませんよね。
でも、周囲から圧力をかけられるとストレスを感じて、その怒りが反発する気持ちとなって出てくるのです。その反発の仕方は、人それぞれです。
私の場合は、親に「もう少し待って。今はそっとしておいて」と言ったにもかかわらず、「娘が行き遅れてしまう」とほぼパニック状態の親がこれを聞き入れてくれなかったため、最終手段として自分の恋愛をも犠牲にして反発したのです。
数年後、ある人に「娘さんはあなたのやり方に反発しているんだよ」と諭されたうちの母は、やっと我に返って娘の結婚を遅らせた原因は自分にあると気付いたようで、その後は何も言ってこなくなりました。
ですが、私は自分を犠牲にしてまで反発してきたために「親があの時に、ちゃんと私の気持ちを理解して、そっとしておいてくれたら、私はもっと早くパートナーを見つけられたかもしれないのに!」という気持ちと「なぜ、親に反発するためだけに自分の恋愛を諦めてしまったんだろう」という後悔の気持ちが出てきて、その後も数年間は恋愛に気持ちが向かず、その結果、彼氏いない歴が10年を超えてしまいました(^^;
その記録は今も更新中ですが、この期間中に私はカウンセリングの勉強をし、自分の問題も解決し、今は親とも和解し、去年くらいからやっと恋愛に対して前向きな気持ちが出てきて、ちょっとずつ新しい出会いに向けての心の準備ができつつあるような雰囲気です。

ここでもう一つ疑問が出てくるかもしれませんね。
圧力がなくなったのにもかかわらず、なぜ私は、恋愛をする気を失ってしまったのでしょうか?
それは、今まで親に反発することにエネルギーを使っていたため、疲れてしまったというが一つ。
二つ目は、新たに出てきた親に対する怒りを「私を心配してやったことなんだから許してあげなければ」と思って抑え込んだからです。恋愛に向けるべきエネルギーを怒りを抑え込むために使ったために、やる気を失ったのです。

親への怒りを手放し、エネルギーの充電も完了した頃、やっとパートナが欲しいと思えるようになりました。

もし、今、周囲から「結婚しろ」と圧力をかけられていて、ウンザリして「結婚なんてしない!」と反発している真っ最中だけど、本当はパートナーが欲しいという方は、クッションと新聞紙やプチプチを筒状に丸めた棒を用意して、目の前に圧力をかけてくる相手がいると思って、その相手に言いたいことを言いながらクッションを思いっきり叩いて、心の中にある怒りを吐き出してしまいましょう!
怒りが溜まっていると反発したくなる気持ちが強くなるので、私のように自分自身をも犠牲にして後で後悔しかねません。
怒りを出し切ったら「私は誰に何と言われようと私のペースでパートナーを見つけて結婚する」と宣言して、どんな方法でもいいので相手をどこか遠くに飛ばす空想をしてみてください。
相手を変えることはできませんから、自分で自分を護るしかありません。こまめに上記のような感情処理をして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

それから、30代以上の独身のお子さんを持つ親御さんや周囲の方々、なかなか結婚をしないお子さんに「早く結婚しろ」と必要以上に圧力をかけていませんか?
もしかしたら、お子さんはあなたに反発するためだけに結婚を拒否している可能性もあります。
本人が結婚したいと思えるようになれば、自分から婚活を始めたり、今付き合っている人と結婚を決めたりするはずですから、嫌がるお子さんに圧力をかけるのをやめて、気長に待ってあげてください。

『周囲からの圧力に反発して・1』へ戻る