[恋愛コラム]第4回 自分を大切に扱ってあげる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回のコラムでは、自分を大切にする第一歩として「自分を好きになる」ということをお話ししました。
自分のことが嫌いで、自信なさそうに「何のとりえもない私でもよければ・・・」なんて言っていては魅力的な女性には見えません。

例えば、お店である商品を売っていたとします。
段ボール箱に入いったまま、ディスプレイもせずに店員も興味なさそうに商品を雑に扱っていたら、あなたはその商品に興味を持てますか?
やっぱり、その商品の魅力を引き出すようなディスプレイをして、店員もその商品の良さを理解し、大切に扱い、自信を持って商品をアピールしている方が、商品により魅力的に見えて妙味を惹かれますよね?
恋愛において、あなたはお店の店員でも商品でもありませんが、あなたの気持ちを商品、あなた自身を店員に置き換えれば、理屈はこれと同じです。
上記の例え話で言えば、「自分を好きになる」というのは「その商品の良さを理解し、価値を見出すこと」そして、今回のコラムでお話しする「自分を大切に扱う」というのは「商品を大切に扱い、魅力を引き出すこと」に当てはまります。

前回のコラムで書いたように、ありのままの自分を受け入れ、好きになることができたら、いえ、少しくらい嫌いな部分があったとしても、次は自分自身を大切に扱ってあげるレッスンをしましょう!

あなたは、いつも頑張っている自分をねぎらってあげていますか?何かを達成した時に自分を褒めてあげていますか?
他人から褒めてもらわなきゃ、自分で自分を褒めたって価値はないと思い込んでませんか?

自分を褒めることも、他人から褒めてもらった時と同じくらいの効果があるという実験結果があるそうです。自分で褒めるのも、他人から褒められた時と同じくらいの価値があるという事ですね。
自分を褒めること、ねぎらうことは自分へのご褒美。
自分へのご褒美は、別に物じゃなくていいんです。
1日の終わりに鏡に映った自分に向かって「今日もお疲れ様。辛いことにも耐えて頑張ってくれてありがとう」と言ってあげるだけでもいいんです。
もう少しねぎらってあげるなら、好きな音楽を聴きながらゆったりとティータイムを楽しんだり、ペットと戯れたり、気を使わないで済む仲間や愛する人とお酒を楽しんだり・・・
ただし、お酒は飲み過ぎないこと。二日酔いになるほど飲んでしまっては、ご褒美にはなりませんから。
それに自分を大切にする人は、自分の体にも気を使います。健康でなければ、せっかくのあなたの魅力も半減してしまいます。

そうそう、軽いストレッチをしたり、足をマッサージしたり、目の疲れを癒したり、お風呂にゆったり浸かったりするのも、自分へのご褒美になりますね♪
体のメンテナンスも自分を大切に扱う事の一つです。

さらに朝も早めに起きて、大切な自分のために栄養バランスの良い食事を用意し、ゆったりした気持ちで食べ、しっかりお肌に潤いを与えてからメイクして、落ち着いて身支度して鏡を見て「今日もきれいだね!」と自分に向かって言ってあげましょう。

大人になるとなかなか褒めてもらうことは少なくなりますけど、自分で褒めることも他人に褒められるのと同じくらいの価値と効果があるなら、どんどん自分を褒めてあげましょう!褒められて気分が上がると、女性はよりきれいになっていくとも言われてますからね(*^-^*)
自分自身をお姫様のように大切に扱ってあげることで、心が満たされるので余裕ができ、周囲の人にも親切にすることができます。
周囲の人に親切にしてあげると、周囲の人からも良い反応が返ってくることが増えるため、さらに幸福感が増して、自然と内側から幸せオーラが出て、あなたはより魅力的に輝き始めます。
そうなれた時には、すでにあなたの隣には素敵なパートナーがいるかもしれませんよ(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。