カウンセラーになったきっかけ

メモを取る手私は28歳の時に心理カウンセリングの勉強を始めましたが、初めは心理カウンセラーになる気はありませんでした。

当時ブログには心理の勉強をしていることを書いていたのですが、いつしかそれを見てくれた方々からカウンセリングを受けたいというメールが届くようになり、最初のうちは知り合いのカウンセラーを紹介していました。
それがある日、私が住む愛知県からも本拠地がある関東からも遠い場所に住んでらっしゃる方からメールが来て、その地域に私が紹介できるカウンセラーもおらず、一度はお断りしたのですが、その方はメールでもいいからカウンセリングをやってもらえないかとおっしゃり、さんざん悩んだ末にメールカウンセリングをさせていただくことにしました。
ほぼ押し切られた形ですね(笑)そして、この方が私のとって初めてのクライアントとなりました。
が、うちの心理研究グループが専門としていた再決断療法でメールカウンセリングをしている人は1人もおらず、完全に手探り状態。
このような状況で全く要領が分からないので、こういった事情も説明して納得いただいた上で最初の内は無料でさせていただいてました。
本当にクライアントさんと一緒にメールカウンセリングのやり方を作ってきたと言っても過言ではありません。

これが私がカウンセラーになったきっかけです。
それにしても、私の最初のクライアントさんは本当に勇気がありますよね~。
カウンセリングの勉強はしていましたが、カウンセラーとしては全く経験がなかった私にカウンセリングを頼んで来られたのですから。