心の健康を保つためのカウンセリング

突然ですが、あなたは心理カウンセリングと言うとどんなイメージを持っていますか?
少し前までは病気の人が受けるものだと思われていましたが、今では学校や職場に心理カウンセラーが配置されるようになり、昔に比べたら大分イメージも変わってきたのではないかと思います。

欧米では心理カウンセリングは病気の人が受けるものというより、心の健康を保つためやこじれた人間関係の修復のためなど、健康維持のためのジムやマッサージ、美容のためのエステサロンに通うような感覚で気軽に利用されています。
日本でもジムやマッサージ、エステに通うような感覚でカウンセリングを気軽に受けられるようになってくるといいなと思います。

こんなことを書いた理由は、特に日本人は体の健康には気を使うのに心の健康についてはないがしろにしがちだからです。
心と身体は密接に関係しています。
精神的に弱ってくると体の免疫力も落ちて病気にかかりやすくなりますし、体が病気になると気分も落ち込みますよね。
だからこそ、体の健康を保つためには心も健康でいる必要があるのです。
小さなことだと思って我慢し続けた結果、精神的に追いつめられてうつ病や様々な依存症、摂食障害などの心の病につながっていきます。
「こんなことくらいで・・・」などと我慢しないで、心を病んでしまう前にカウンセリングを受けて、一度きりの人生を楽に生きたいですよね(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください