『関わるな』を解決したら…?

ここしばらくコラムを書いてませんでしたね。
時間が開いてしまってすみません。

以前に書いた幼児期の決断『関わるな』のコラムの中で、私が『関わるな』の決断に関係するカウンセリングを受けた後に何が変わるかを報告するということを書いていたので、今回はそのことについて書こうと思います。

幼児期の決断や『関わるな』については「幼児期の決断『関わるな』」の中で詳しく書いていますので読んでみてくださいね。

さて、私がカウンセリングを受けた後に感じた変化はと言いますと、実は私自身は大きな実感があるわけではないんです A^▽^;)
インナーチェンジングセラピーを受けると何かしら変わるんですけど、自分では変化に気づかなくて周りから「変わったね」と言われて初めて「ああ、そうなんだ」と気づく人もいれば、周りの人の反応の違いで自分が変わったことに気づく人もいます。変化に気づくかどうかは人それぞれですね。

話が逸れちゃいましたので戻しますと、目に見えて大きい変化は感じていないですが、細かい部分ではいくつか以前とは変わっている実感があります。
その一つが父親との関係です。今まで私は父とケンカをしたことが一度もありませんでした。だからと言って仲が良かったわけではなく、深く関わらないようにしていた感じですかね。
うちの父はこだわりが強くて効率を考えない完璧主義でとにかく面倒くさい人。
でも幼い頃の私は「そんなことを思ったらお父さんが可哀そう。だけど、やっぱり考えを押し付けてこられるのは嫌だ」と揺れ動いた末に、深く関わらないことで自分の本当の気持ちを封印して何も感じないようにしていたのでしょう。
だから、今まで何度もカウンセリングを受けてきたんですけど、毎回出てくるのは母親ばかりで一度も父親が出てくることがありませんでした。『関わるな』に関係するワークを受けた時も父親は出てこなかったんです。

それなのになぜかこのカウンセリングを受けた後、父を見ていてイライラすることが増えて、一度些細なことで怒鳴り合いの大喧嘩になりました。
本当の気持ちを感じるようになった証拠ですね。
そこから私の中で面倒くさい父親を受け入れる作業が始まりました。
「お父さんって面倒くさい」と思っている自分を許し、父親と折り合いをつけて
関係を再構築していくのです。

※私はセラピストとしてセルフケアも自分でできますから自分で2回目のワークに当たる部分をやってしまっていますが、一般の方はなかなかそこまでするのは難しいと思いますので、クライアントさんにはワークを受けた後の変化の過程で出てくる問題などもカウンセリングの中でしっかりサポートさせていただきます。

今は父との関係の再構築をしている最中ですが、ワークを受けてから3か月くらい経ち、父のことも冷静に見ることができるようになってきました。

親との関係を冷静に見られるようになって気づいたことは、うちの両親は共に『関わるな』の禁止令決断を持った人たちだということです。
人と関わることが得意ではない両親に箱入り娘のようにして育てられたので、私が人との関わり方がよく分からなかったのも仕方がなかったのかもしれないと思うようになりました。
子どもの頃、本当に私は他人との接し方がよく分からなくてよく悩んでいたんですよ。
だから、臨床心理で発達障害について学んだ時、私も発達障害なんじゃないかと思ったこともありましたが、私の場合はただ単に、子どもの頃の決断が影響していただけだったようです。

※発達障害の症状は先天性のものなので、カウンセリングでストレスを軽減することは出来ますが、基本的には症状がなくなることはないと言われています。
ですからカウンセリングで変わることができたなら、発達障害ではないということになります。

私の『関わるな』のワークを受けてからの心境の変化は、主に父に対するものでした。ここへきて父親が出てくると思わなかったので自分でも驚きです。
私自身はまだ親以外の人たちとの関わりでの変化はあまり感じていないのですが、私をよく知る人たちから見たら何か変わったのかもしれません。
カウンセリングによる変化は本人より周りの人が先に気づく場合が多いみたいですからね(笑)
あとは父親との関係が再構築出来てから、何か変化が出てくる可能性もあるので楽しみです(*^-^*)

人との関わりの基本は、やはり相手をよく見ることなんだなと改めて思いました。
思い返してみると、私自身やコミュニケーションがうまくいかないと相談にいらっしゃる方に共通することは、相手のことをよく見ていないということだったように思います。
相手をよく見て知ろうとしなければ、どう関わっていいか分からないのは当然ですよね。

ちなみにこのコラムの中では「『関わるな』のカウンセリング」と書いていますが、実際のカウンセリングでは「幼児期の○○の決断について解決したいです」という風には受け付けていません。お悩みの原因がどこにあるのかは実際にカウンセリングをやっていく中で分かって来るものですので、お話をじっくり聞きながら原因を掘り下げていくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください