心の安定は体の健康につながる

お久しぶりです。心理カウンセラーの河合です。

以前の更新から大分経ってしまいました(^_^;)心と体は密接に関係しているということをよく言われていますが、私も最近改めてそれを実感することがありました。

ここ数年くらいは肩こりで悩むことがあまりなかったのですが、最近になって急に肩こりが酷くなって首や背中も痛くなり、しまいには腕までしびれる始末。マッサージやストレッチをしても治らない状態になってしまいました。

なんでだろう?40代に入って老眼の症状が出てきたので、そのせいかなと思っていたんですね。でも、この肩こり方は若いころに経験していたのと似ていることに気づきまして・・・。

昔、対人恐怖を抱えたまま接客の仕事をしていて相当ストレスを感じていた頃、ものすごく肩こりや頭痛が酷かったんですが、その頃の感覚と似ているなと思いました。それで心理の勉強をしつつカウンセリングも受けて、自分の中の問題を一つ一つ解決していったら我慢できないほどの酷い肩こりは減っていったんです。

そう、私の慢性的な酷い肩こりは、ストレスが原因だったのです。私は何かを我慢していたり、無意識に本当の気持ちを抑え込んでいると、肩や首に力が入って凝り固まってしまいやすいみたいです。ここ数か月のことを振り返るとストレスの原因で思い当たる節がいろいろありました。

一つだけ昔の感覚と違ったのはまだ頭痛は感じていなかったこと。頭痛がするほど酷くない時に自分のストレスに気づけたことは今までの経験のおかげかな。心理カウンセリングを学んでいてよかったぁ(*^^*)

本当に体は正直ですね。ストレスが溜まってくるとテキメンに体の不調として出てきます。 私の場合はストレスを感じると肩こりが酷くなるのですが、ストレスによる体の症状は人それぞれ違います。

ストレスで出る症状としては、便秘や下痢、腹痛、頭痛、腰痛、肩こり、さらにストレス状態が続くと免疫力も落ちてガンなどの大病にかかりやすくなります。

体の不調を感じている時は病院に行くことももちろん大事ですが、心が悲鳴を上げているのだと思って心のケアもしましょう。自分自身と向き合う時間を作り、ため込んでいる本当の気持ちを感じてみてください。本物の感情は感じれば消化できます。(関係記事:https://happydays95.net/?p=115

また、可能であればカウンセリングを受けることをお勧めします。

心と体は密接に関係していますので、体の健康を考えるなら、食生活の改善や運動などとともにこまめに心のケアすることも重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください