対人恐怖症は、社会不安障害の一つです。
あなたは対人恐怖症というと、どういったイメージがありますか?
引きこもり?人と会うのが怖い?

実は対人恐怖症の人が必ずしも引きこもりになるとは限りません。
むしろ対人恐怖症でも人前に立つ仕事や人と接する仕事をしている人は多いですし、私自身も対人恐怖を抱えながらずっと接客の仕事をしていました。

対人恐怖症の主な特徴は、他人からどう見られているかを気にし過ぎてしまうことです。
人目を気にし過ぎるあまりに「見られている気がする(人からの視線が怖い)」「自分の視線が迷惑をかけているんじゃないかと気になる」「目が合うのが怖い」「人前で字を書けない」「人前で食事ができない」「人前で話ができない」「笑うのが怖い」「自分の体臭が気になる」「嫌われている気がする」「赤面している気がする(赤面してしまう)」などの症状が出てきます。

体の症状としては人がいるところでは常に緊張状態のために、肩こりや背中の痛み、頭痛、また暑いわけでもないのに汗が出たり、動悸がしたり、手足・全身・声が震える、吐き気がする、口が渇く、息苦しい、眩暈などがあります。

周囲の人たちに合わせてばかりで、本当の自分が分からなくなってしまっていることもあります。
私も周りに合わせることが当たり前になってしまっていて自分の考えや欲求が分からず、子どもの頃進路を決める時に自分が本当はどうしたいのかが分からなくて、すごく悩んだ覚えがあります。
後になって、これが私の性格ではなくて対人恐怖症の症状だったんだなと認識しました。

対人恐怖症の原因としては、いじめられた経験や裏切られたり、強迫されたりした経験があったり、不正行為をした体験があったりする場合もあれば、過保護や過干渉な親や人目を気にし過ぎる親に合わせて生きてきたためことが原因の場合もあります。

対人恐怖症の症状は、カウンセリングで解決することができます。
症状が重くなるとうつ病を発症する場合もありますので、そうなる前に解決しておきたいですね。